白保地区小学校児童対象として令和3年1月12日に開所しました。

<設立趣旨>

放課後児童の居場所つくり事業。

健康管理・安全確保に努め学習向上と情緒の安定を図る。

1、児童の自主性・社会性・創造性を培う。

2、児童の活動状況把握と家庭との連携支援。

3、自己肯定感への育み。

4、地域と連携し、環境適合への支援。

<特徴>

1、放課後の補習塾(宿題やがんばりノートの学習の補助)を行う。

2、豊かな自然環境にふれあいながら五感を養う。

3、地域のお年寄りや島の人たちとふれあい郷土への誇りと郷土愛を育てる。

<これからの指針>

・共働き家庭が増加し、国も学童保育の施設拡充と保育の更なる質の向上の指針を立てています。

白保地区もこの指針に沿い、☆志来帆&しらほ学び館☆は

地域と一体型した計画型の整備を進め、放課後の時間を、多様な活動の展開を試み

有意義に進めて参ります。

・また、グローバル化時代に対応していくためにも、パソコンなどを駆使し情報取得、発信などを取り組んでいきます。

・子供たちの、自己肯定感を育てるため「遊学」をテーマに、遊びから学ぶなどのユニークな民間学童保育を行います。