事業計画実施事業内容
4月新年度学年別に進級する喜びを体得させつつ、一人ひとりの目標を掲げさせる。
5月親子の触れ合い遊びを通して、親子、仲間、地域を知るために白保の文化財めぐり・(屋号)等を兼ねて「しらほマップ作り」。村のオーセ/御嶽の歴史を訪ねる/村の長老の講話
6月平和を学ぶ「慰霊の日」を通して命の尊さ「命どぅ宝」の戦争体験の講話学習。白保村中を水牛車めぐり・海の安全を祈願「ハーリー」学習。星座の学習。
7月豊年祭豊作を祈願する「豊年祭」稲の一生を学ぶ。五風十雨で自然界への感謝。
8月夏休みの宿題夏休みの作品作りや「夏休みの宿題」を学ぶ。クバ葉で作品をつくるなど。
9月秋分を学ぶ/旧盆旧盆の獅子舞・アンガマ行事を学ぶ。十五夜(棒術)への感謝。
10月八重山諸島を学ぶ伝統行事を学ぶ(地理) 八重山諸島を知るために離島めぐり(小浜島/黒島 他)
11月すま言葉を学ぶ自分の生い立ちや親戚・家系図づくり(白保村の歴史を紐解く)
12月1年の締めくくりしめ縄づくりや世界の正月を知る。グローバル化を図る。
1月年の初め書き初めを通して各々の新年目標を掲げる。
2月季節(節分)を学ぶ太陽の移動に伴う「季節」二十四節気を学ぶ。自然界の始まりを体験。
3月春分を学ぶ八重山の暦(伝統行事)や気候を学ぶ。白保出身の偉業者を学ぶ(新安里屋ユンタの歌碑建立 星克先生 他:白保村中)